赤尾委員 申すまでもなく今日我が國體は重大な危機に瀕して居ると思ふのです、それに付きまして總理大臣に私の意見を申上げまして、御意見を承りたいと思ふのであります、國體護持とお役人さん方も言つて居る、一方には共産主義が殖えて行き、鵺的社會主義がはびこつて居り、色々國民が迷つて居ります、國體護持と云ふことが空念佛になつて居るのは、國體觀が徹底して居ないからであると思ふのであります、それで國體主義者は國家主義者だと言はれ、殊に極度に熱心な者程極端な國家主義者だと云ふので誤解を受けて居るのであります、是は重大なことでありますので、私は申上げずには居られないのであります、私は國體を斯う考へて居るのです、國體の精神と云ふことは「イエス」の道、釋迦の心と一つのものである、皇祖皇宗が親心を御説きになつた御仁愛の精神である、釋迦の教と云ふものは結局慈悲なんだ、「キリスト」の教は愛と云ふことに盡きる、私は日本の國體精神と云ふものは大御稜威とか、或は大御心とか色色表現されて居りますが、親の子を愛する至情を以て人類に臨む、「キリスト」の愛と通ずるものである、同じだ、或はそれ以上のものだ、其の道を皇祖皇宗が御説きになつた、釋迦や「キリスト」は一代で死んでしまつて其の血筋が絶えたのでありますが、日本の其の道を御説きになつた御先祖の御血筋が今日に至るまで尚ほ續いていらつしやる、隨て 天皇陛下は其の愛の道をば耶蘇の如く或は慈悲の道を釋迦の如く御説き遊ばさるる宗家である、私は斯う解釋して居るのであります、國體とは愛なり、慈悲なり、「イエス」に通じ釋迦の道と一つのものである、故に日本の國體は尊い、其の道は人類に及ぼして悖らざるものだ、此の道こそ今日世界混亂の時全國民の熱意に依つて發揚しなければいかぬと思ふ、然るに今日受太刀になつて居つて、國體と云ふことを言ふと國家主義のやうに言はれるので遠慮して居る、さうして共産主義者や社會主義者のみが日本の民主主義の如く大きな面をしてのさばつて居る、斯う云うことは恐るべきことだと思ふ、寧ろ今日こそ國體を明徴にし、國體の道を明かにする爲に、全國民が總立ちにならなければならぬ時だと思ふ、私は國體の精神を斯樣に考へて居りますが、總理大臣の御所見を伺ひたいのであります