千場純さん『わが家で最期を』

私の従兄で、在宅死率全国1位の横須賀市で「在宅かかりつけ医(正式には在宅療養支援診療所の医師))をしている千場純さんが『わが家で最期を。』という本をだされました。ふだんから“最期”を考えておくことでより安心して日々を過ごせる具体的な提案が満載です。

● お別れは家族だけとなっても、見送られる人が亡くなる前と亡くなった後に「在宅かかりつけ医」に連絡をして「死亡診断書」を書いてもらえばよい。
● “ひとりでひっそりと死ぬ、ぽっくり死ぬ”ことを希望している人は、あらかじめ死後の処理が円滑にゆくよう「リビングウィル」やそれを実行する人を考えておかないといけない。
● ふだんから人付き合い近所付き合いを大切に。

とても読みやすいです。お手に取られてはいかがでしょう。

千場純さん『わが家で最期を』詳細はこちら(amazonのページ)