いつもは大正記念館から、四季折々の美しい清澄庭園を望み、

歴史を学んでいる「我が国のこころ塾」ですが、

10月の塾では、初の試みとして『秋の清澄庭園を楽しむ会』を開催いたします。

紅葉には少し早い時期ですが、運が良ければモミジやハゼの紅葉が楽しめるかもしれません。

秋の日本庭園へ足を踏み入れ、四季を愛でる日本人の感性をともに分かち合いましょう。

みなさまのご参加をお待ちしております。

 

10月20日、13時に清澄庭園サービスセンター前へ

お集まりいただき、庭園内を散策します。

その後、塾の開始時間までご自由にお過ごしください。

13時半から大正記念館を開場し、塾の受付を開始いたします。

14時までに受付を済ませご着席ください。

 

【参加者】

矢作直樹

「第6回 我が国のこころ塾」を受講のみなさま

 

【日時・費用】

10月20日(土)13:00~

庭園入場料 150円

庭園散策後、塾の受付にてお支払いください。

 

【申込方法】

◎「第6回 我が国のこころ塾」をお申込みの際に、

申込フォーム備考欄へ「庭園散策参加」の旨をご記入ください。

我が国のこころ塾参加のお申込みはこちらです

 

◎すでに「第6回 我が国のこころ塾」への参加申込がお済みの方は、

こちらのフォームより、お申込みください。

 

【清澄庭園について】

明治の庭園を代表する「回遊式林泉庭園」で、東京都指定名勝に指定されています。

三つの中島を配した「泉水」、全国の産地から集めた「名石」が見どころです。

東京都選定歴史的建造物に指定された「涼亭」、

大正天皇の葬儀に用いられた葬場殿を移築した「大記念館」

(後に再建築)が併設されています。